輸入住宅や注文住宅は設計図の修正に制限あり

PR|注文住宅でマイホームを建てた工務店|

「注文住宅で家を建てた」と言う話をした時に、「打ち合わせの回数、何回だった?」と聞かれたことがありますね。なんでも、彼女が注文住宅でマイホームを建てた工務店では、打ち合わせの回数が決められていたのだとか。輸入住宅などではこういうことがあるのでしょうかと驚きます。

厳密に契約書などで打ち合わせの回数が決められていたわけではないそうなのですが、しかし目安として「5回」とされていたそうです。それで、実際には大きな打ち合わせは5回以上の回数となったのですが、しかし打ち合わせをお願いした際は、その都度渋い対応をされたということで。輸入住宅や自由設計の家では、打ち合わせがかぎのはずなのに、嫌ですね。

その話自体も信じられませんでした。だって、輸入住宅や注文住宅でマイホームを建てれば、細かいところの確認だって出てきますから、工務店とはしょっちゅう連絡を取り合いますよ。それに大小合わせて打ち合わせの回数は、わが家は覚えていないぐらいなものですからね。

また、知人宅の場合は設計図の変更回数も決められていたそうです。まあ、これはなんとなくはわかりますけれど。最初の打ち合わせで、施主側から大まかな要望を聞いて、そして次回の打ち合わせまでに設計図の原案をまとめます。そして次の打ち合わせでは、その設計図の原案を見ながら細かいところをつめていきます。

次はほぼ完成に近い設計図を作り上げて、そして打ち合わせです。打ち合わせというか「これでいいですね」といった感じの確認作業です。彼女が注文住宅を依頼した工務店の方によれば、この段階で「概ねOK」となるものだそうで、次は設計図から見積書を作成して、住宅ローンを申し込む金融機関とのやりとりへとなったということだそうです。

そして住宅ローンの審査が通り次第、本格的に建設作業へと移っていくというものだと説明されて、実際にそのような流れになったということだそうですが、彼女もなんかつっかかるものがあったそうです。まあ、聞いている私だって「ええ!?」と思うところがありましたからね。

だって、輸入住宅や注文住宅なんてものは、もっと打ち合わせの回数多く、そして設計図だってもっと直しますよ。大きなところでは3回の修正かも知れませんが、見積書を出してからさらに修正して予算内に調整を行ったりしますからね。

「なんだか強引な工務店に当たったなー」という印象です。輸入住宅や注文住宅でマイホームを建てる人は、依頼したい工務店で、「どのような流れで建てるのか」といったことも確認した方がいいでしょう。そしてもちろん「設計図の修正回数」についても。普通は、そのような規定は設けないように思いますので。

PR|生命保険の口コミ.COM|サプリメント|住宅リフォーム総合情報|オーディオ|家計見直しクラブ|内職 アルバイト|心の童話|GetMoney|健康マニアによる無病ライフ|お小遣いNET|初値予想|SEOアクセスアップ相互リンク集|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の選び方|