アメリカで家を買いたいならば

アメリカで家を買おうと思っているならば、家の設計段階でキッチンは一槽のシンクを選びましょう。

日本の場合、キッチンのシンクは、一槽式のことがほとんどで、長細くて使いやすい上に、その長さもセンチメートル単位で変えることができます。

しかし、アメリカの場合は、二槽式が主流であり、その理由は、向かって左側は、お皿を洗う場所、右側はお皿についたゴミなどをそのまま捨てる場所というようになっているのですが、日本人にとって、これは、ちょっと抵抗のあるスペースとなります。

ある程度のゴミをゴミ箱に取り除いて、洗浄していくというものだと思いますが、そういったことを好まないアメリカ人には実用的な方法なのです。

日本人としては、非常に心苦しく、できる限りのゴミはゴミ箱に捨てますが、それができないこともあります。

ですので、そういった手間を省くためにも、一層にして、ゴミはゴミ箱に、そして、洗浄スペースを広げてもらい、ゆとりもできるので、そういうシンクにしてほしいです。