輸入住宅は住むより眺めていたい。

輸入住宅は、とにかく「外観がおしゃれ」の一言につきます。それに、最近は北欧スタイルのインテリアが大人気。無垢の木材・レンガ・タイル・珪藻土などのナチュラルな雰囲気を好む人が増えたのだと思います。また、インスタ映えするような、おしゃれでかっこいい家に住みたいという憧れもあるはずです。

輸入住宅の良い点は、とにかく見ための良さと温かみのある日本にはない雰囲気だと思います。

悪い点は、メンテナンスが大変そうなイメージです。部品や資材を輸入しているので、すぐにメンテナンスやリフォームができないのではないでしょうか。そうなると、輸送費など余計なコストがかかってきそうです。

もし私が輸入住宅に住むとしたら、やはり赤毛のアンに出てくるような、白い壁に緑の縁取りと

屋根のあるカントリー風なデザインの家を選びます。カントリー風なら日本の風景にも合いそうです。

私は輸入住宅に住んでいません。おしゃれな家にあうようなインテリアを揃える自信がなく、また

洗濯物を干すことが見た目、スペースの問題でできそうになかったので。

家の近所には大きなレンガ作りの輸入住宅が一軒ありますが、輸入住宅はあまり見かけません。

輸入住宅を選ぶ時に注意すべきこと

岡崎市在住でも輸入住宅は海外に住んでいるような気分を味わえるために人気がありますが、現地のメーカーとの連携などを考えて決めることが大事です。家は人生でも一番高い買い物ともいわれるほど重要で、失敗するとそのまま付き合っていかないといけません。輸入素材は空輸で運ばれて来るため扱い方によって劣化することもあり、事前に信用できるかどうか確かめて決めることが重要です。

マイホームは家族で快適で安心して暮らせるようにしたいもので、モデルルームを見学して納得できるように決めたいものです。輸入住宅は現地の為替レートなどで価格が変動しやすく、安くなるタイミングを逃さないように購入する時期を決めるとローンの期間を短縮できます。

輸入住宅を選ぶ時に注意すべきことは安心して依頼できることを確かめ、後悔をしないように内容を把握して決めることです。住宅物件は設備の耐用年数を超えると摩耗しやすく、リフォームの時期の目安や流れを確かめる必要があります。

建てたその後も考えましょう!

愛知県に輸入住宅を建てたのですが、輸入住宅の魅力は、なんと言っても日本にはないデザインや広さが魅力です。
建てる時には、まず最初にしなくてはいけないのがハウスメーカー選びです。
どこのハウスメーカーにするかは、かなり重要なポイントです。
まずは、説明をきちんとしてくれるハウスメーカーを探しましょう。
輸入住宅という事は、日本家屋とは違う箇所があると思います。
その時にハウスメーカーには遠慮なく質問しましょう。
その時に丁寧に答えてくれるハウスメーカーなら間違いはありません。
ですが、話しを簡潔に終わらせたり、はぐらかすようであれば考え直した方が良いでしょう。
そして、更に肝心なのはメンテナンスをしてくれるかどうかです。
輸入住宅がいかに耐久性に優れていると言っても、定期的なメンテナンスが必要になります。
その時に、きちんとメンテナンスに来てくれるかどうか確かめるのも大切です。
家は建ててくれてもメンテナンスはしないというようなハウスメーカーの場合は、考え直した方が良いかもしれません。
家は簡単に買い換えられない買い物です。
よく考慮しましょう。

輸入住宅を建てたいけど心配なこともある

輸入住宅は、憧れていますがその住宅を実際に建てるとなるとちょっと心配なこともあります。その一つは、なんといっても高いのではないかということです。通常の日本の住宅では、注文住宅でも、マイホームは小さいものから大きなものまであるので、その価値についてそれぞれ選ぶことができます。しかし輸入住宅の場合は、その大きさについてほとんどのものが大きいものしかないのではと思っているところがあります。輸入住宅をたてているところを見た時も、ほとんど大きなものが多いのです。その時、やっぱり高いものしかないのではと思ってしまいます。

 

またメンテナンスについても、心配するところがあります。日本の場合は、その設備についてもしも壊れたりしたらすぐに取り寄せることができますね。ところが輸入住宅の場合は、そのものをすぐにないのではと心配することがあります。取り寄せることができないこともある場合は、どうしたらいいのか困ってしまうのです。そんな細かいところと心配したりします。